宛名の書き方 最前線 TOP






宛名の書き方は意外と知らないものです。

宛名の書き方で、最も基本的なのは、相手に手紙を送る際には、敬称をつけるということです。個人名には「様」をつけ、会社名や団体名には「御中」をつけます。

意外に「御中」と書くべきところで、「様」という宛名の書き方をしてしまっている手紙は多いものです。

宛名の書き方一つで、その手紙の送り主がどんな人なのか判断されてしまいます。 また冠婚葬祭用の手紙やはがきの宛名もきちんとルールを守って書かなければ、失礼にあたることもあります。

宛名の書き方は住所や名前のほかに様や殿を付ける方法を言う場合の事もあります。


簡単に草書でくずして、様や殿を書くのは可なり失礼と

最も尊敬の意味を持つ物は、旧漢字の漢字を楷書で書くものと言われています。

簡単にさらさら書いてあったのでは、全く重みも尊敬の

官職には「殿」が現代の宛名の書き方の常識ですし、「様」はあくまで私職の用い方ですので、気をつけましょう。

宛名の書き方は一度覚えればそう神経質になることはありません。
失礼のない宛名の書き方を見に付け、自分の品格を保ちましょう。

当サイトでは、宛名の書き方について検証しています。
参考にしてみてください。







役職が二つ以上ある方の宛名の書き方は?






○○会社取締役、××会社顧問、△△法人代表といった風に、複数の会社や組織での役職を持った方に手紙を書く場合、宛名の書き方はどうしたらよいのでしょうか?







回答

(1)先方の自宅へ発送するなら、原則、役職は書きません

(2)先方の職場へ発送するなら、そこの役職を書きます。

(3)同一職場で複数の役職を持つ場合(○○部部長兼、××課課長) 
 これは発送先部課名で(2)と同様に区別します

(4)同一職場の高位役職兼任(会長兼社長)
 この場合、両方書くと長くなるなら、上位職のみです。

(5)、(4)だが、明らかに一方への用件なら別です。
 会長兼社長に「△△グループ企業社長会のご案内」を発送するなら、社長です。

 御参考になれば幸いです。

 P.S. 但し、自宅送付とかでも「会長」とか「先生」をつけないと不機嫌になる人も、稀ですが存在します。





宛名の書き方 最前線 TOP


履歴書の宛名の書き方 ○○店長は様?殿?






履歴書の宛名の書き方がわかりません。

迷っています。







回答

履歴書云々に限らず、
最近は「殿」は用いられていないようです。
市役所のような行政でも「様」を使うのが、
一般的になっています。
仰々しくする必要がない場合は、
「様」が無難だと思います。




宛名の書き方 最前線 TOP

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。